赤ちゃんの育児に中学受験から高校受験、、、東京に住むとある母と娘の奮闘記
仲良しグループ

中学受験後の過ごし方、私立特待を選んだ子たちと公立中を選んだ娘。

こんにちは!ふーなみです。

中学受験真っ最中の親御さんにはもう終わった後の話しはしないでくれ状態だと思いますが、

長女の受験時、良きライバルであり、親友でもあった3人娘のことを書こうと思います。

受験をするにあたり必要なのは良きライバルです。

どれだけやってもまだ頑張れるのは共に頑張れる仲間がいるから、、、

「一緒にあの学校へ行こう!」

一人でも倍率は低い方がいいかもしれない。

けれども、子供にとって日々の勉強漬けな生活の中で励みとなるのは共に未来を目指す友達の眼差しが隣にあるからではないでしょうか?

わたしが長女を受験させて良かったと思うことの一つに、

「塾の友達」で出会った友達の存在は大きく、いまでも彼女たちに感謝をしています。

中学受験を終えて2年、3人娘だったあの子たちはすっかり大人びて身長もゆうに私を追い越してしまいました。

中学受験のライバルは仲良くなって当然?

女の子 学校 ライバル




小学校6年生になる3月から長女は塾に通い始めました。

長女の志望校は都立の中高一貫でしたから、適性検査に特化した塾です。

そこは全員が公立の中高一貫校を第一希望としていました。

6年生は40名ほどだったと思います。

当時、フルタイムで働いていた私は朝こどもの塾弁を作ってランドセルに持たせることもあれば、夕食の時間に間に合うように仕事を終わらせ、塾の下でお弁当を渡したりしていました。

当時、電車通学をしていた娘は学校から家に帰ることはせず、そのまま塾に向かい22時〜23時近くまで勉強。

帰宅し、お風呂に入り、0時ごろ睡眠。

娘の生活のほとんどは学校と塾で家にいる時間はほとんどありませんでした。

一日中、まだ幼さの残る娘の事ばかり考えてはぐるぐる。

娘の心は大丈夫なのか、、

塾で出会った仲良し3人組

王冠

そんな中、娘の口からだんだんと新しい友達二人の名前が多く出てくるようになりました。

塾には同じ小学校の子もいましたが、長女が仲良くなったのは他の小学校の子。

一人は小学3年生から塾通いをしている子。もう一人は小学5年生から通い始めた子。

小学6年生から塾に通い始める子はほぼおらず、輪の中に溶け込めずひとりでいるのは可哀想だと思っていたので本当にありがたかったのです。

小学3年生から通っている子はお医者さまの娘でお父さんは東大出身というだけあり、塾内でも頭一つ抜けるくらい成績優秀。

塾の居残りも一切せず、授業中に漫画本を読んでいて親を呼び出されたりするようなユーモアのある子でした。

その子は娘のことを気に入ってくれたようで、娘の勉強の対策や添削をおこなってくれるのです。

手紙という形で娘に勉強のポイントをよく教えてくれました。

大人の私から見ても賢い子でした。

娘の塾通いが楽しくなり始めたのはこの頃から。

それから、もうひとり、しばらくして3人の輪ができたようです。

小学5年生から塾通いをしているその子もやっぱり出来る子で、長女はひたすら「大丈夫だよ!頑張ろう。」と慰められる存在。

成績デコボコの3人娘は毎晩、一緒に夕食を取り、勉強をして一緒に一喜一憂する。

よく、あんまり仲良くなって「みんなであそこの学校に行こうね!」なんてとんでもないからね!

なんて会話を耳にしたりしますが、この時ばかりは微笑ましく、本当にこの子たちと6年間仲良く過ごすことができたらどんなにいいだろうかと思っていました。

辛い受験勉強を乗り切ることができたのはこの二人の存在が大きかったのです。

それぞれの人生の分岐点。

子供の人生 分岐点

受験が終わりました。

結果はまさかの全員第一志望、不合格。

まず落ちることはないだろうと言われていた子まで落ちるとは、、

公立中高一貫校の底知れぬ難しさを改めて痛感。

我が家の娘も過去問では年度によっては合格点に届くものもありました。

当時の小学校の担任からも

「内申は満点で送らせて頂きました。」

とわざわざ電話で応援の言葉をいただいていたので親子共々ショックは計り知れないものでした。

  • 一番できる子は第二志望の偏差値70ほどの私立特待に進学。
  • もう一人は偏差値55ほどの滑り止めの私立特待に進学。
  • 娘は地元の公立中学校に進学。
「受験が終わっても絶対あそぼう!」

この約束もいつの間にか果たせぬまま、それぞれ忙しい中学校生活が始まりました。

地元の公立中学校に進んだ娘

勉強ノート

受験が終わり、自分だけ地元の中学校に通うことになった長女、小学校の同級生も長女を含めて7人ほどで入学当初はずいぶん不安そうでした。

「塾で仲良くなったような子たちがいない、、。」

こう私に話していました。

そうは言っても幼馴染もチラホラいるので楽しく中学校生活を過ごしていますが本人的には難関校への憧れは忘れられない様。

入学後すぐに、私立、国立、都立高校の対策をしてくれる進学塾に変えました。

そこからまた勉強が毎日のルーティンが始まります。

進学塾は成績別で5クラスあり、入塾テストを受けた長女は下から2番目のクラスから始めました。

ぼちぼちのところから始めましたが、ほとんどの塾生は小学生からの持ち上がり。

宿題もかなり多く、1年生のうちは早く新しい塾に慣れることでが目標でした。

幸い、塾は学校よりも楽しいようで成績も徐々に伸びていきました。(中学受験時の偏差値が嘘のよう)

中学受験時を思い出せばずいぶんゆるい毎日を送っています。

あの頃がもう何年も前の事のよう、、。

久しぶりの旧友の再会

りんご

スマホを持たせているので、約束を合わせなんとか全員で会うことになった3人娘。

長女以外の二人は毎日、部活に友達に充実した毎日を送っている様子で「楽しそう、、。」

と言っていました。

長女の生活ときたら、学校から帰宅して大急ぎでご飯を食べ塾への毎日で

「あんなに遊んでて大学、大丈夫なのかな?私立って、スゴイ。。」
長女はうらやましそうな顔をしていて、、
この時ばかりは私立の方が良かったかなと思った瞬間でした。

受験後、中学2年生を迎えて

日常の生活
もう長女の生活の中心は塾です。
長女はめんどくさいと言いながらも、「塾だけは絶対にやめたくない!」と言います。
塾の先生は尊敬できる人が多く、新しい友達に会えるのも楽しみな様子。
そんなある日、一緒に受験をして滑り止めの私立に入学したあの子が入塾してきたのです。
「ウソ〜〜〜〜っ!?」
受付でたまたま再開し喜び合う二人。
「まだ悩んでるんだけど、高校受験してもいいなって思って。」
最難関の中高一貫を目指していたんだから「そうだよね。」という感じです。
学校生活で、きっとどこか物足りないと感じる部分があったのかもしれません。
ふーなみ
ふーなみ
あの子が入ってきたらまた一緒に頑張らないとだね!
困る子ども
長女
ウ、ウン。がんばるよ!
ふーなみ
ふーなみ
また楽しくなりそうだね。
ほほ笑む子ども
長女
頑張ってきたし、これからも頑張る!

埋められない差がいつの間にかできていた、、、。

グラフ

中学受験時代、長女はおそらく3人の中で一番劣勢でした。
負けまいと頑張ってはいましたが数年前から勉強の習慣を身に付けている子と勉強の習慣を覚え始めるところからスタートした長女では間違いなく大きな差があったと思います。
すぐに同じクラスで切磋琢磨することになるだろう、、、
しかし、何度クラス分けテストを繰り返してもあの子は登ってこないのです。
長女は定番が上から2番目のクラス。
たまに1番上のクラスに移動。
1年分のブランク、、恐るべし、、。
クラスが違うと顔をあわせることも少なくなってしまうんですよね。

偏差値70の私立特待に行ったあの子は、、。

勉強 本
あの子は部活に明け暮れているようです。現在の成績は特待の中で上位の方だそう。
私立の勉強は塾より進んでいるみたいですね。
小学生の頃からお金儲けをしたり、賢い子でしたから大学受験では底力を出しそうな気がします。
年に1度くらい二人でお茶をしに行ったりしていますが、
「高校受験したい。」
行くとしたら「日比谷高校だ。」
と言っているようです。
雲の上のような存在だった子と同じレベルの高校が合格圏内に、、。
成績表
長女のここ1年の模試では(油断はできない)安定して日比谷高校の判定は合格圏です。
成績の点だけでいくと、中学受験後は公立と私立どちらを選んでもそこまで変わらないのかもしれません。
大切なことは継続すること。
全てに通じるキーワードかもしれません、、。
関連記事

こんにちは!ふーなみです。 先日とあるママさんと話していてドキッとした会話がありました。 ママさん そろそろ塾に通わせたいんだけど、どこの塾がいいかしら? ふーなみ ○○くん塾に通いたいってなったんですね。 ママ[…]

勉強 嫌い 子供
関連記事

こんにちは、ふーなみです。 今回は2年前のわたしへ向けてこの記事を書いていこうと思います。 というのも2年前の今頃、 わたしは中学受験ブログを漁っていました。 どういった内容の記事が読みたかったのか、あの時はあてもな[…]

【POLA】世界でひとつのシワ改善メカニズム、リンクルショット メディカル セラム
仲良しグループ
最新情報をチェックしよう!