赤ちゃんの育児に中学受験から高校受験、、、東京に住むとある母と娘の奮闘記

新型コロナウイルスで通信教育の申し込みがスムーズにいかない?

  • 2020年3月2日
  • 2020年3月5日
  • 学習系
  • 167View
  • 0件

突然の3月2日からの全国休校が進む中、娘の通う塾の受付では昨年より手続きをする人が多く見られているように感じています。

 

長い休校の間の学習面に不安を覚える保護者の方は多いようです。

 

我が家の娘といえば(現在中2)塾では正式に中3扱いですから、受験生としての意識が徐々に出てきているようでリビングでの学習から部屋にこもっての学習時間が増えているように感じます。

 

黙々と勉強をする子供
長女
この休みで苦手な社会を深掘りする。三平方の定理も克服したいなぁ。

 

学習塾や通信教育などで課題を持っている子にして見たらこの時間は有効的に使える貴重な時間と捉える子もいるようです。

 

とはいえ普段の学校でのありがたい体育や規則正しい生活習慣がなくなり、

運動不足になることは結果的に体力面を蝕むことになると思いますのでこれが吉と出るかはまだ分かりません。

 

いま新型コロナの影響で子供の学習面は見通しが立たないこともあり通信教育が注目を集めています。

 

ところで

 

2月27日政府から正式に学校休校要請を受け電話はもちろん、インターネットでの申し込みが繋がりにくくなっている事をご存知ですか?

 

参照元:ベネッセ 進研ゼミ

 

近所のドラッグストアに出掛けた際、28日時点で店内からはこんな買い物客の会話が飛び交っていました。

「3.11以来だ、、こんな何もない状況。」

トイレットペーパーはもちろんのこと、キッチンペーパー、ティッシュ、生理用品、オムツ、石けん類、洗剤類、カップラーメンなどの非常食までもがらんとしている状況に在庫はある、という情報を持っていたにもかかわらず不安を覚えました。

時を同じくして、子供の学習面に不安を覚えた保護者は通信教育へもなだれ込んでいたようです。

webではひとまず回線が安定したようですが電話でもパンクしてしまうとは前代未聞のことではないでしょうか?

 

 

このたびは、一部の教具についてお届けが遅れることになり、大変申し訳ありません。
新型コロナウィルスの影響を受けて、工場稼働停止がありましたため、一部の教具で生産及び出荷遅延が生じております。対象の教具は4月号教材とは別に後日お届けいたします。
お届けが遅れる可能性がある教具とお届け予定について、4月からの学年を選んでご確認ください。
参照元:ベネッセ 進研ゼミ

 

申し込みが今後安定しても、しばらく新型コロナウイルスの影響はしばらく続きそうです。

 



【進研ゼミ小学講座】

文部科学省の今後の気になる対応は?

この春休みの宿題

 

休校中の家庭学習はもちろんですが、私たち保護者が気になることは本来毎日行われるはずであった授業の補填です。

1ヶ月の毎日の積み上げは塵も積もれば大変な量になります。

 

これは本日持って帰ってきたこの先1ヶ月の宿題の量です。

 

当たり前ですが夏休みに比べると、明らかに少ないです。

 

今後また変わるのかもしれませんが、今のところ新型コロナでなくなった授業に対する振替は

 

「各自治体や学校の対応に任せられる」

 

これはあまりに先生泣かせですね。

娘の公立中との先生方とは親睦会などで年に1度飲みの場でお話を聞かせてもらっていますが、本当によく頑張ってくれています。生徒たちの進路のことにも1年生の頃から意識するよう気を配ってくれていて今の先生はすごいなと感心するばかりです。

 

勤務時間以上に、やり甲斐と共にストレスも相当なものだと思います。(不登校児がこんなにいるのは時代なのでしょうか?)

 

先生方に身体がもう2つあればフォローもできると思いますが、この感じだと文科省が責任を持って動かない限りフォローアップの期待はほぼ出来い気がします。

 

兼ねてから、文科省が導入したがっていたタブレットやパソコンでの映像授業の実験検証をできる機会にもなったように思いますが時間が足りませんね。

 

時を急ぐならば、信頼できる自分を信じて対策するのが1番の安全対策と言えそうです。

 

子供達の心のケアを、、

 

新型コロナで慌ただしく生活環境が変わっていますね。

各企業はテレワークなどで家の中の雰囲気も変わってついつい自分たちのことばかりで頭がいっぱいになってしまいそうです。

娘が今回の件で何度も口にするのが「小学校の最後の時間や卒業までの時間、大好きな友達と過ごせないなんてつらすぎる。可哀想だと。」

子供達からしたら、未知の感染症という不安に加えて仲間と過ごせる最後の時間をこんな形で奪われてしまい精神的にもかなりダメージがあることでしょう。

保護者は、仕事に、育児に、子供の栄養面、体力面、精神面をフォローしていかなければいけないのですから大変厳しい時間となるように思います。

 

親は無理をしないことも大切ですが、子供の心はガラス細工です。

 

こういう非常事態である時こそ、少し無理をしてでも気付ける範囲でフォローしていってあげたいものですね。

 

とはいえこの状況は果たしてひと月で終息するのでしょうか。

 

一刻も早くこの状況が回復し、子供達に少しでも有意義な時間が訪れますように。

 

関連記事

ふーなみ どうしよう、、塾に行かせたいけど余裕がない。   そんな風に思われる家庭は結構多いのではないでしょうか? 通信教育を小学生で検討するなら質の高いZ会が良いと思っています。 我が家は塾通いに対[…]

 

■■┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓■■
☆☆┃    Z会の通信教育を無料体験!    ┃☆☆


■■┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛■■
幼児から高校生まで、学年別の教材見本プレゼント!

最新情報をチェックしよう!