赤ちゃんの育児に中学受験から高校受験、、、東京に住むとある母と娘の奮闘記

インフルエンサーの言葉を信じるのは危険、コスパの良い塾の通わせ時。

  • 2019年11月11日
  • 2019年11月16日
  • 育児
  • 170View
  • 0件

ベビークリーム

こんにちは!ふーなみです。

唐突ですが皆さんはお子さんの学力に対してどのくらい期待をしていますか?

我が家の長女はこの間の学力診断テストで偏差値76を取ってきました。

正直まだまだ上を目指して欲しいです。

通っていた小学校がたまたまお受験学校でほとんどの子が私立中学受験をしていたことと、

中学受験でサクラ散り、

現在公立の中学に通っていることもあり、

幅広い考えのご家庭を目にしてきました。

よく、

塾っていつから通わせたら1番いいと思う?

めちゃくちゃ聞かれるのでふーなみ流にお話ししていこうと思います。

子供の偏差値をいくつまでで妥協するかを決める。

まず、これを決めないとコスパがどうのって話しは絶対にできません。

ママさんたちと話していて、

なんだか話しがかみ合っていないなと思うことが多々あるのが「偏差値」や「志望校」の話しをしている時。

これには想像以上に価値観に開きがあり、

空気を読めないと「嫌味な人」になってしまいますので要注意

なんですが、

何がそんなに違うかというと

ざっくり分けてこうです。

  • 偏差値55で賢いと思う人
  • 偏差値60以上からが賢いと思う人
  • 偏差値65以上からが賢いと思う人
  • 偏差値70でも満足できない人

ちなみに駿台模試などの上位者が集って受ける模試はV模擬の偏差値プラス12〜14と言われているので、この話しは学校で受けたりする模試の話しになります。

「偏差値60の学校に受かったら万々歳よ!」

というママもいれば、

「うちは賢いから偏差値65の学校を目指している」

というママもいて

「偏差値70あるけどまだまだ足りなくてしんどい」

はたまた「偏差値55?頭いいね!!」

というママも。

このように家庭の偏差値に対する価値観はそれぞれ全く違うので

偏差値の話しというのはナイーブな話しになってしまうのかと。

そしてママたちとおしゃべりしていて思うことが、

親のすごい→偏差値マイナス5=子供の偏差値

であることが多いという事。

親の価値観で子供の成績はある程度決まります。

どれくらいの偏差値にしたいかという前提で

塾はいつから通わせることがコスパ良しか

ふーなみ流に解説していきます( ´ ▽ ` )

自分の子は特別?

首都圏では私立に通わせる家庭も多いようなので小学生から塾通いしている子も多いですが、公立に通う子供たちは中学2年生から通い始める子が多いようです。

ここで注目していただきたいのが

一般的」

ということ。

偏差値の出し方は言わずもがな全員のテストの点数を計算して受けた子たちの分で割った真ん中の点数が50とするもの。

このブログを読んでいる方の中で

「うちの子は特別だ!才能に溢れている。」

そう考えられている方はいますか?

わたしは自分の子供が特別だなんて思ったことはありません。

すごく普通の子です。

でも、あの子にしかない良い所はたくさん知っているつもりです。

わたしの母はよく

「あなたにはズバ抜けた才能があるかもしれない!」

と、わたしや兄弟たちを色々な習い事にコロコロ通わせました。

ピアノに、バレーに、体操に、バイオリン、水泳、英会話…

(他にも何かあったはずだけど今はこれしか思い出せないです。)

そして決まって、

「意外と出来なかった。」

というのです。

その言葉に自信を砕かれる経験が何度もあり、

自分でも「意外と出来なかった。」

と同じ言葉を繰り返していたと思います。

子供の能力をママさんたちはどう考えているのでしょう?

面と向かって言えませんが、

「このママ何言ってんだ??」

と思うことがあります。

「うちの子は出来が悪いから、、、」

そう言ってるママさんたち、

それは絶対間違いです。

その言葉の真意は分かりかねますが

(学力は本当はいらないだとか、手に職さえつけさせれば良いとか考えがあるのだとしたら、、、)

もし

偏差値の高い子に育てたいならそれは誰にでもできることです。

人の「脳みそ」なんてそこまで大差ありません。

同じホモ・サピエンスです!(๑╹ω╹๑ )

失礼ながらどこかに障害があるとしたらまた話しは少し変わってくると思いますが、

最近は学校の勉強とIQは関係ないということも諸説あるようですし、

実際、本当だと思います。

偏差値70以上を目指すのならば…

まず、偏差値70は誰でも目指せるの?

というところから。

答えは

絶対目指せます。

ただし70以上を目指すのであれば確実にするためには小学校から進学塾に通う必要があります。早ければ早いほど良いと思いますが、中学受験を考えられていないなら小学5年生からで十分だと思います。

補習塾ではダメです。

この記事にも書いた通り、小学校の基礎が勉強の柱になってくれます。

あえて、基礎でなく「柱」にしたのは娘が「鬼滅の刃」好きだから…..

というだけではありません(๑╹ω╹๑ )

小学校のテストは70点取れないと危険信号ですが、6年生になってくると教科書の最後あたりに難易度がぶっ飛んだ問題が混ざっていることがあるんです。

これは本当に訓練されていたり、

数学の成り立ちが分かっていないと解けない問題だと先生から聞いたことがあります。

勉強の要は

算数と国語です。

小学校の勉強の理解度がいわゆる上級校への偏差値に大きく左右するということをどれくらいのママさんたちが理解しているのでしょうか?

どんなに中学校、高校の勉強を反復しても出来ない子はどうして出来ないか分かりますか?

答えは小学校の勉強が飲み込めていないからです。

偏差値を70以上を目指したいのであれば、応用問題を克服させてくれる進学塾でゼロから躓きかけているところを徹底的に頭になじませておくことが、今後学習する単元をスッと飲み込めるか飲み込めないかの分かれ目になると思ってください。

偏差値60以上にしたいなら

いわゆる中堅校は偏差値65と言われていますね。

首都圏の場合これくらいの偏差値の学校はかなり数があります。

なので選べる幅はとても多いです。

また全体の15%ということもありそこまで難易度は高くありません。

真面目に小学校生活を送って過ごしていれば中学校2年生からの塾通いでも間に合います。

ただ、中堅校を目指す子達は塾に通っていない間も、

大体の子が進研ゼミなどを取っています。

Z会は少なめですが、こちらは中学受験経験者に多い様子。難易度は全く違うので基礎が仕上がっている子向けです。

ちなみに我が家も進研ゼミはずっととっていました。(塾とダブルです。定期テスト対策が非常に役立つらしいです。)

しかし、段々と手に付かず溜まっていくばかり…..( ;∀;)

あれらは、親が一緒に取り組んで時間を作るか、

本人の強い強い精神力が必要です。

そういう子には、

「大変だよね?」

「お母さんもこれを1人で続ける自信ないな。」

と声をかけてあげるなりして、

早めに塾通いを検討しましょう。

そういう子は塾や家庭教師でないと伸ばせる場が絶対ないです。

「精神的に自立すればやるようになるかも、、」

なんて甘い幻想は早めに捨ててください。

子供は20歳になっても子供です。

自分の20歳頃を思い出してみてください!

どうです?

鼻水たらしていませんでしたか?

わたしは垂らしていましたよ!

安けりゃいいってもんじゃないのです。

インフルエンサーたちの言葉をどう解釈するかが大事です。



仕事を休むまではめまぐるしい毎日で

仕事、家、仕事、家、仕事、家、仕事、仕事。

youtubeやツイッターなど見ることも全くなかったので知らなかったのですが、

今はイケハヤさんやマナブさんなどインフルエンサーと言われている人たちがいるんですね。

多分、ブログを読んでくれている方は知らない人の方がいないくらいではないかと思います。

わたしも彼らの動画を良く見ています、

彼らはとてもとても賢い方々ですよね!

凡人だと言いつつも

ぶち抜けたカリスマを感じます。

そんな彼らの言葉で気になるのが…

「これからは学歴はいりません。」

こう言い切っていますよね。

確かに、昭和から平成にかけての

超学歴社会は変わってきているかもしれません。

でも、学歴「いらない」と言っている彼ら、、

イケハヤ氏は早稲田の政治経済学部、偏差値68

早稲田の政治経済学部って言ったら普通に受験するなら超超超、難しいです。

マナブさんは法政大学の理工学部と知られています。

しきりに彼は「自分は頭良くないから…

みたいなことを頻繁に主張して、

そういう視聴者向けに話しているように見えます。

法政大、理工学部の偏差値は57。

57ですよ?

どう思われますか?

大学の偏差値は高校受験の偏差値だいたいプラス10です。

出身高校までは知りませんが、

おそらく高校は偏差値65あたりの中堅校なんじゃないでしょうか?

高校受験で偏差値65の学校に通っている人で全く勉強してきませんでした。

なんて人はなかなかいないんじゃないですかね。

どうして彼らが学歴はいらないと断言しているか分かりますか?

答えは簡単。

皆さんを肯定してるんです

学歴が低いと生涯年収が少なくなるという事は、厚生労働省の賃金構造基本統計調査結果にもバッチリ出ています。

「学歴なくてもこういう稼ぎ方ありますよ〜」

くらいに聞いていた方が良いです。

日本の経済が伸びていく事は難しくても世界は広いです。

子供達の未来は生きていく力をつけた分だけ私たちより壮大で型にハマらない人生を送っていくことになるかもしれません。

想像するだけで目頭が熱くなるのはわたしだけですかね:;(∩´﹏`∩);:

絶対に学歴があるに越したことはありません。

可愛い子供のために、賢い彼らを見習っって知力を高めさせる術を見つけてあげてください。

そして、どこまでを求めるかはママ次第です。

今回もありがとうございました。

よければこちらもお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



最新情報をチェックしよう!