赤ちゃんの育児に中学受験から高校受験、、、東京に住むとある母と娘の奮闘記
小石川中等教育学校

小石川中等教育学校への憧れがとまらない!「小石川の受験生は未来の日比谷生ばかりだ」

小石川高校

こんにちは!ふーなみです。

皆さんは、東京都立小石川中等教育学校という公立の学校をご存知ですか?

小石川中等教育学校は難関私立中学校との併願先としても人気が高く、都立中高一貫校の中では最難関であり、武蔵、両国と共に「都立中御三家」とも呼ばれています。

東京都の公立中高一貫校ではおそらくナンバーワンのポジションでしょう。

時代は変わりますが、私は旧4学区でしたので高校受験時にも憧れを抱いた事を忘れません。(頭が足りませんでしたが、、)当時は中高一貫ではなくこの界隈では有名な進学校でした。

当時から倍率も高く人気校でしたね。卒業生には小沢一郎や鳩山由紀夫など政界での有名人も多数です。

しかし、今の人気を昔と比べたら比にならないと言えるでしょう。

説明会や文化祭に足を運んで思うことは裕福そうなご家庭の多いこと!

一般庶民の我が家からするとやや恐れ多い、、。

中学受験とはどこもこうなのであろうか、、ピリッとした空気が漂います。

何としても入学させたい!

しかしながら募集人数は少なくここ数年の倍率は

  • 平成30年度:6.0倍
  • 平成29年度:5.8倍
  • 平成28年度:5.8倍

約6倍という相当な狭き門となっています。

平成29年度センター試験の7教科900点満点の小石川受験生平均点は、日比谷高校に次いで都立では2位。

これを皆さんはどう考えますか?

小石川の学校説明会ではこれでもかと言うほど入学後の塾の必要性を「必要ない」と押してくるのです。

アピールポイントの一つにしているのだろうか??

もし本当であったらこれほど嬉しいことはないですよね!

都立受験界隈では、日比谷、小石川と比較されることの多い両校。

現在は中学からの入学のみ可能となっている中高一貫の小石川ですが、娘の中学受験で何度か耳にしたこの言葉が印象的でした。

小石川の受験生はほとんどが未来の日比谷生だ。
ん?????
ちょっとちょっと!
今頑張っているのに受験生たちの前で何言ってるの??
縁起でもない。
これを塾で聞いた保護者たちは眉をひそめた人も多いはず。

我が家がそうでしたが、公立中高一貫校への受験を検討している家庭の中には、小石川に進学した方がよいのか、高校受験で進学校に進学した方が良いか悩む家は多いものです。

中学受験で小石川に敗北し、中学1年生から何度も日比谷高校を見に行っている我が家が毒舌に綴っていきますよ!

日比谷高校と小石川中等教育学校はどちらが優秀?

日比谷高校

ここから先は完全に私の一意見として受け止めてくださいね。

結論から言います。

小石川生は日比谷生より優秀です。
(注意)どこにも、このような意見は書いていないです。
こう思うに至った経緯があるので書いていきます。

偏差値では測れないものが小石川にはある、、

子供の偏差値
受験偏差値を見ると日比谷より、小石川の方が偏差値は低いですよね。
しかしながらポテンシャル、、という面では小石川生の方が優れた生徒が多いのでは、と考えています。
小石川の偏差値

現在の偏差値はまだまだ上昇傾向にありますが、偏差値は65(四谷大塚の80偏差値)と言われています。

日比谷の偏差値

日比谷高校の偏差値は73(みんなの高校情報)となっています。

2年前の中学受験時、私は思いました。

「勉強してもしても偏差値なんて上がらない。」

ふーなみ肖像画
ふーなみ
偏差値73の日比谷高校は、なんてどんな化け物ぞろいの学校なのだ!

とてもとても、偏差値70以上の学校だなんて考えられない。

しかしながら、中学受験終了後、小石川に桜散った我が家は全国模試や塾模試を度々受けていますが日比谷高校が合格圏から外れたことがまだありません。

これは、、いったい、、。!?

同じく公立受験敗退組のママ友との会話で

困る主婦
ママ友
日比谷高校って東大に入る人達が目指す学校でしょう?さすがにうちの子には敷居が高すぎるわよ!白鴎でも落ちたのに!!
ふーなみ
ふーなみ
はは、、、なるほど。そう言われると納得です。うちも小石川落ちてるからな〜、、。
いや、これは本当に冷静なご意見なのであります。
実際、日比谷高校の東大への進学は平成30年度の現役合格者数は33人浪人生を含めると47名、これはすごい数字です。
小石川はというと平成30年度の合格者数は16名、、
しかしながら分母を考えてみると、、
人数がまず違います。
日比谷高校は
一般入試の定員は男子が133人、女子が121人の合計254人。
小石川は
男子80人、女子80人の合計160人。
1学年の人数だけで94人違うことになります。
小石川の躍進ぶりはここ数年凄まじい勢いが伺えます。
躍進④】都立中高一貫校の雄、小石川が少数精鋭で凄まじい実績
全国公立校の東大現役合格率日本一は、今年は小石川になりそうです。少数精鋭から、東大16名でほとんどが現役合格。さらに京大9名。理三も輩出。一橋大や東工大、医学部も大量合格。あまりの実績の高さに、教育関係者や中学受験関係者からも「今年のサプライズ」との声も。
参照元:まとめ NAVER

日本の名門校トップ10にランクイン

1918年に府立第五中学校として創立。創立時の大正時代より理化学教育と国際教育に力を入れる希有の進学校として知られる。アカデミックでリベラルな校風。書籍「日本の名門校」では、日比谷高、開成高、灘高、麻布高、旭丘高、北野高、修猷館高などと共に全国トップ10にランクイン。高校別の理化学系大学教授輩出数が全国3位。

参照元:kurumisawaさん

 結局のところ偏差値というものは受けている分母によって随分変わってきますので測れるものではありません、ただこれだけは言えます。
中学受験後に受けた娘の高校受験の判定模試は初めから ほぼ合格圏に届くものでした。
中1の半ばからは安定して合格圏。
今では安全圏に近いです
ところが小石川の中学受験の判定模試は以前のブログにも貼ったように最後まで涙顔とてもとても、合格が見えるような判定結果を得られるものではありませんでした。
中学受験で偏差値70あるお子さんというのは本当に天才だと思いますね。
そして、都立小石川には本物の天才たちがウヨウヨいると思っています。
恐ろしや、恐ろしや、、。
うちの娘がもし小石川に入学していたら、
コツコツ頑張っているので大げさな例えかもしれませんが、普通の公立の中学校で学年1位や2位の位置にいる娘も、もしかすると学年最下位だったかもしれません。
日比谷にも中学受験をしていない天才児がいることは間違いないとは思いますが、どちらの方が、、と言われて小石川というにはこういう経緯があります。

東京都在住なら小石川を目指して勉強を始めると良い

東京



勉強を始めるには目標が必要不可欠です。

もし、勉強をお子さんに始めさせたいと思うなら中学からまずは小石川を目指してはいかがでしょうか?

学校を見に行ってもらえば分かると思うので省きますが(あれもこれも書きたくて終わらない、、)良いところしか目につきません。

唯一あげるとすれば、

  • 校舎が古い。
  • 英語の時間数が若干少ない。
  • SSHのみ現在取得中で日比谷高校はSGHあり。
しかしながら私が一番関心していること。
それは
本当に塾なしで中学校生活を送っている子が多いこと。
日比谷高校に何度も足を運び実際何人もの生徒に通塾率について聞いてみても日比谷の通塾率は高いです。
それに比べて小石川は通塾率が低い。
これは日本の高い子供の学費にとってめちゃくちゃありがたいことです。
コスパ最高とも云われる所以はここにあるのかもしれません。
日比谷生のほとんどは中学1年生から塾あり組と聞いています。(小学生からも多い)
それでいて大学進学率を見ると日比谷に負けて劣らずどころか上をいっている。
(まぁ、地頭が違うと思っていますが、、)
小学校の近所の同級生にも小石川に進学した子がいますが塾なしで部活に行事に青春を謳歌しています。(帰宅後の宿題はだいぶ多いようです。)

一方、娘は1年中どころか何年も毎日のように学校から帰宅後、塾でせっせと勉強しているのです。行事どころではありません。

公立の中学校の授業は分かりやすいが応用がないのとペースが遅すぎて眠くなってキツイようです。

万一さくら散り、合格が叶わなかった場合でも公立中高一貫校の適性検査の勉強は無駄ではありません。

これからの教育現場で求められるものが適性検査には詰まっています。

そして今なら分かります。

日比谷高校は、小石川に泣いた子供たちは間違いなく未来の日比谷生です。

もしくは筑駒、早稲田、慶應、筑波大附属など難関校と呼ばれる学校が未来に待っていることでしょう。

共に中学受験に泣いた子供たちを見ていて確信するのです。

公立中学校では、中学受験敗退組が受験未経験組と比べて群を抜いてトップにいます。

小石川は勉強することの大切さや、カッコよさを子供に教えるためのよい鏡です。

娘曰く、可愛い子やイケメンも多かったとか、、。

考える子ども
小学生の頃の長女
ママ、意外と小石川ってイケメンと可愛い子が多い、、。頭も良くて顔も良いなんて最強だ!

どちらへ行ってもメリットがある

小石川高校

もし公立中学へ行っても、小石川へ行っても得るものはたくさんあります。

均質的な実力の仲間の中で安定して6年間過ごす小石川と、実社会のような様々な個性を持った公立中学で過ごす3年間、どちらが優秀かと言われるとそれは絶対に比べることのできないもので、偏差値で測れない大切なものはもしかすると公立中の方が学ぶ事が大きいかもしれません。

どちらへ行っても得るものがあります。

ただ、現実的に日本の子供への学費は高すぎるので中学校から高校2年生くらいまで塾不要なら小石川を目指す価値は十分すぎるほどあります。

いじめも聞いたことがありませんし。

そして最大に嬉しいことは、小石川に挑戦して敗れたとしても王者、日比谷という受け皿が残されているということ。

場合によっては戸山や西もありますね。

どの学校も十分すぎるほど優秀です。

中学受験で頑張った子供には報われる先がきちんと用意されています。

その偏差値の高さに子供たちは救われるはずです。

無駄ではなかったと。

勉強を始めさせようと思う親御さんはまずは小石川の文化祭や見学会に足を運んで見てはいかがでしょうか?

勉強が出来る先輩たちの生き様を目の当たりにして初めて目標ができるかもしれません。

かなり独断と偏見が混ざってしまいましたが、

今回はこの辺で。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ






小石川中等教育学校
最新情報をチェックしよう!