赤ちゃんの育児に中学受験から高校受験、、、東京に住むとある母と娘の奮闘記

無料学習支援を取材。講師が考える子供の勉強ができるようになる法則。

 

 

 

ふーなみ
ふーなみ
皆さんは「無料学習支援」というものをご存知ですか?

私はブログを書く上で何か皆さんの子育てのヒントになれば、という思いがあり、

少しでも学びに対する視野を広めたいと常々思ってきました。

実際試したことのある有料ものばかりの紹介しか出来ていない事に悶々とする中で、

 

無料学習支援という存在を知りました。

 

 

この記事は慎重に書いていきたかったため、無料学習支援講師の方に直接やり取りをさせて頂きました。
この記事は、家計的に有料塾は厳しいという方にぜひ読んでほしい記事です。

無料学習支援とは?

 

中学受験 学校 教室

 

 

 

一般的な無料学習支援の認識は、経済的な事情により有料塾に通うことが難しい子供達のために、無料で学習指導を主催する団体や個人の活動のことです。

 

検索していくと「貧困による教育格差」をなくそう、という社会貢献的な意味合いが強いのかと思われます。

 

 

形態や活動はそれぞれです。

 

集団授業塾型、個別指導塾型、自習室型、家庭教師型、居場所型

 

学習支援の数だけ、その内容、在り方に多様性があると思って良いかもしれません。

 

ふーなみ
ふーなみ
学習支援の地域特性、対象、求める成果、費用、ボランティアの有無などによって変わってきます。

 

気になる方はこの記事を最後まで読んで頂き、通える範囲内の学習支援に直接お問い合わせをしてみる事をオススメします。

 

無料学習支援 講師にインタビュー!

 

 

昼間は某大企業のエンジニアとしての顔と、週末は個人の無料学習支援と二つの顔を持たれている筑波大学院数理物質科学研究科修了された埼玉県狭山市で講師をされている近藤雅人さんに詳しくお話しを聞かせていただく事ができました。

個人で学習支援をされているということで、団体や役職などのしがらみがないことで深くお話しができればと考え連絡をさせて頂きましたが、

 

本当に丁寧に熱意を持って回答いただきました。

 

ふーなみ
ふーなみ
今回は生の講師の声をできるだけそのままお伝え出来ればと思っています。

 

無料学習支援には興味があるけど、なかなか連絡をする勇気も知識もないと思われる方は多いと思います。近藤講師の生の声を参考にして頂ければ嬉しいです。

 

無料学習支援のQ & A

勉強

 

私が知りたい無料学習支援の疑問をいくつか質問させて頂きました。

 

近藤講師の等身大の媚びない回答がとても魅力的で非常に好感を抱きました。

あくまで近藤講師の場合ではありますが参考になれば幸いです

 

ふーなみ
ふーなみ
あなたの一番聞きたい質問がありますように。
無料学習支援を始められたきっかけはなんですか?
学習支援を始めたきっかけは地元で大学生が無料塾を運営しているのを偶然知ってそこに参加したのが始まりです。学生時代、楽しかった塾のバイトをしていた経験も大きいです。学生時代には気付かなかった事、考えもしなかった事もたくさんあり、そこに意義を感じているというのも事実です。地域の一人の大人として指導しています。

 

具体的にどのような活動をされているのですか?

 

団体塾というより、家庭にお邪魔しない家庭教師のような形で活動をしています。

参考までに以前の無料塾での指導形態は、1対1の個別指導を行っていました。

 

 

無料塾は少人数の募集と聞いていますが、入塾基準は何に重きを置いていますか?

 

私個人の活動において、入塾(塾ではありませんが)の基準はやる気がある事。
私の指導にきちんと従う意思があること。
経済的に有料塾への通塾が困難な世帯を想定していますが、それよりもやる気、素直さ、親御さんの姿勢、私との相性を重視します。

 

現在生徒さんは何人いらっしゃいますか?

 

現在は以前から教えているお子さん2名ほど。あと2名程増やしたいと思っています。

 

活動資金はどのように調達していますか?

 

現在は、完全に私のポケットマネーです。

 

無料とはどこまで無料なのですか?

 

私の活動においては、生徒個人の所有物となる市販教材を購入いただく以外は、無料です。私が所属していた無料塾でも同様でした。

 

教室などにかかる費用はどうされていますか?

 

私の活動においては場所費用は、無料ですんでいます。

教材費は、市販教材の購入代金やコピー代、インク代、その他の私自身の勉強・研究用にはそれなりの額を費やしています。

ちなみに、当時所属していた無料塾は教材費や運営費用をクラウドファンディングで集めていたことがありました。

 

子供たちを教育していく上で目標にしているレベルはどのあたりまでですか?国公立をメインに対策していくのでしょうか?

 

主に埼玉県の県立高校受験を見据えた指導を行っています。受験校のレベルに合わせた指導を行います
以前所属していた無料塾でも、同様でした。
概ね偏差値60以下の高校が採用する「学力検査問題」と、それ以上の高校が採用する「学校選択問題」(国理社は全校共通問題)の2パターンに分かれます。

 

経済的に厳しい家庭への社会貢献のイメージがありますが、家庭の年収を提示したりする事はありますか?

 

年収による基準は一切設けておりません。
参考までに以前の無料塾では、「経済的に有料塾に通うことが困難な世帯の生徒」を受け入れることをしておりましたが、年収の提示は求めておらず経済的に困難、という自己申告で受け入れていました。

 

ふーなみ
ふーなみ
今回、初めての問い合わせにも関わらず何度も真摯にやり取りをして頂きました。近藤さんの人柄を感じた教育への思いをご紹介させてください。

 

勉強=やる気、素直さ、相性の重要性。

 

ふーなみ
ふーなみ
やる気、素直さ、相性にはかなりこだわられているようですが、、。

 

私は教員免許を持っておらず、教育学を専門に学んだわけでもありません。

 

しかし、以下の点を確信しています。

 

勉強ができるようになる子供の法則

 

 

 

  1. 「出来るように」なってはじめて、やる気が出てくる。
  2. 「出来るように」なるためには、最初は我慢して基礎事項を習得すべく努力しなければならない。
  3. 上記②の為には、指導者の云うことを素直に聴いて実行しなければ、非常に難しい。

 

 

②に関しては、例えば中1の頃の英単語でしょうか。

 

地域によっても異なるのでしょうが、小学校のうちは勉強に関して(中学受験しなければ) 努力を求められず、『意識して、頑張って覚える』という概念すら未知の子も多くいると思っています。

 

そこで、③の素直さが重要になってくる。

 

①に到達すれば、世界が広がります。頑張って自転車に乗れるようになって、家族や友達と遠出ができるようになるかのように。

 

私は現在ある企業のエンジニアで、大学では応用物理を専攻していました。

 

今の職に辿り着いたのは、学校で勉強をして、物理という世界が広がったからです。

 

何が言いたいか。

 

世界を知らなければ、自分は何に興味があり、何をしたいかという処に至るはずが無いと思うのです。

 

よく、子供に夢を持てなんて世間は言います。が、少なくとも中学生くらいの段階では、知り得る世界が狭すぎて、夢を持てなんて無茶ぶりだと思います

 

だからこそ、学校に通っているうちは、与えられること(勉強・部活・その他)に「素直に」取り組むことが重要だと思うのです。

 

勿論、夢を持つこと自体は素晴らしいことです。

 

しかし、今は無いからと言って、そのこと自体に深刻に悩まないで欲しい。

 

素直に物事に取り組み、周囲の物事や人に関心を持つ。

 

そのような『可愛げのある子』は、絶対に周囲の大人が見ている。

 

そうして可愛がられる子は、益々周囲からの助けと良い刺激を受けて、真っ当に育っていく。

 

 

いくら私が確信していると云っても、どう受け取るかは相手次第。

 

ですから、相性が重要だと思うのです。

 

 

無料学習支援の取材を終えて思うこと。

無料学習支援関係の方のお話を聞いたのは今回がはじめてでした。

 

ひと言に、「無料塾」と聞くとどこの無料塾も同じように捉えがちですが、そこにはしっかりとそれぞれの運営者の意思や理念があるに違いありません。

 

そして、無料学習支援に捉われがちな経済的に厳しい家庭への支援という固定観念は捨てるべきではあるまいか?という思いに至りました。

 

なぜなら、

 

彼らは若い頃、忍耐と努力を重ねた結果、今の地位を確立し、本来であれば自由に自分のためだけに使うべき時間やお金、労力を割いて無料という待遇でお子さんの教育に励んでいるのです。

 

失礼ながら、そこにあるのが単なる社会貢献と言えるほど聖人の方がどれほどいる事でしょう。

 

おそらく、彼らが望んでいる最大の成果は素直に勉強に励み、第一志望の受験合格や学力の結果を出し、共にその喜びを分かち合うことではないでしょうか?

 

勉強が出来るようになる喜びを知る人たちのみ知る極地の世界。

 

有料塾のように、一定料金を支払えば勉強する意欲が低くとも仕方ない。それですまないのがある意味、無料学習支援かもしれません。

 

無料学習支援という名の門を叩く上で、保護者の方々にはこの事を理解した上で投げやりの期待をしてはならないと思いました。

 

彼らの時間を、

 

それまで積み重ねてきた時間を、

 

無駄にさせない為にも親子共に本気でその門を叩かなければ失礼に値するのではと感じました。

 

社会的弱者という言い方は好きじゃない。

 

最後に一つ考えたいのが、この無料学習支援に対する「貧困」に対する過剰なワードです。

世帯年収が高いほど、子供の成績が高いという公的データが、貧困と教育格差に相関があることは分かっています。

しかしながら、子供の育つ環境や教育を選ぶとなるとそれはもう大変高い世帯年収が必要になるかと思われます。

 

東京で子供二人、余裕のある暮らしは組んでいるローンにもよるとは思いますが、おそらく1000万では少なすぎます。

 

これには確信があり、サラッと書かせていただくと文部科学省が令和2年4月から東京都の私立高校無償化の年収目安が910万以下対象という打ち出しを受けてから常々感じてきたことです。

 

「世帯年収910万以下の世帯に余裕はない」と東京都は述べているのではないでしょうか。

 

我が家同様、一生懸命働いたって多くの人はカツカツです。

 

ひとり親世帯であったとしても、独身であれば十分やっていける家庭も多く、本来貧困者と言われるような人々ではないかもしれません。

 

今回のことで無料学習支援を調べていった際、何度も貧困、弱者というワードがあまりにも多く見かけられました。

 

確かに貧困は貧困なのかもしれません、

 

けれど日本は世界的にみれば十分豊かで毎日ご飯も食べられます。

 

最終的には生活保護という行政の救いもある豊かな国です。

 

社会的弱者と思われたくない為に無料学習支援の門を叩けない人も中にはいることでしょう。

 

近藤さんはこうも述べてくれました。

 

無料学習支援はほとんどの子育て世代にとって意義のあるものだと思います。

月謝が払えるとしても、その数年にわたる負担は相当なもの。

無料や格安が貧困世帯のためだけのものだというなら、自治体の図書館やワンコイン以下で利用できる市民プールなどはどうなるのでしょう。

 

 

本当に学びに対して意欲のある人間に対し、貧困、弱者という言葉はあまりに失礼な発言ではないでしょうか、、。

 

貧困というレッテルをバネに出来る子もいれば、出来ない子もいるでしょう。

 

本格的に学びを始めるまでに、子供の強い心を育むことが重要であると感じた機会となりました。

 

社会からの抑圧や今後必ず対峙するであろう受験という数々のプレッシャーに耐えきる強い心が、、。

 

この記事を完成させて頂いた「無料学習支援 近藤雅人さん」に深い感謝を込めて終わりにしたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

近藤講師の活動が気になる方はこちらからどうぞ。

↓↓

無料学習支援 近藤雅人

https://www.freestudykondo.com

 

最新情報をチェックしよう!