赤ちゃんの育児に中学受験から高校受験、、、東京に住むとある母と娘の奮闘記
スマホ 格安SIM

衝撃の事実。家族で格安SIMに乗り換えていない家庭は1000万損してるかも!

  • 2020年1月29日
  • 2020年1月29日
  • 暮らし
  • 238View
  • 0件

長女がスマホを持つことをキッカケに我が家は全員格安SIMへと切り替えました。

そして、乗り換えて感じたこと。

それは、、

ふーなみ肖像画
ふーなみ
今までいくらドブに捨ててしまったんだ、、。
それはもう、思い返したくないほど勿体ないことをしていたなとm(_ _)m
このまま大手3社で契約し続けている方!
そして、今後も迷い続けている方はこれを機会に変えてみることをオススメします。
気づいた頃には1000万損してたなんてことがありませんよう、、。
とにかく
何か資産運用を始める前に、まずは格安SIMに変えましょう。

変える前に把握しておく事実。

この記事では格安SIMに変えることにどれだけのメリットがあるかを書いていくわけですが、1つだけ把握しておきたい注意事項があるとするならば、

格安SIMはめんどくさいです。
デメリットは大まかにいえば、めんどくさいの一言で片付きます。
けれど、めんどくさいといえどもその手間をかける価値は十分にあります。
スムーズに変更するためにも具体的な例を確認していきましょう。

電話が使えない期間が発生することがある!

ふーなみ
ふーなみ
新しいSIMをネットで注文したら新しいSIMが届くまで古い携帯が使えなくなってしまった!

こんなことがしばしばあるみたいですが、この対応は簡単なので安心してください。

電話番号を変えずに乗り換えるMNP(モバイルナンバーポータビリティ)を使うとこれに即日対応していない会社があって3日ほどネットも電話も使えないなんてことがあります。

これは正直面倒ですので、即日対応している会社を選びましょう!

即日MNP対応の会社は現在11社あります。

  • UQ-mobile
  • U-mobile
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • エキサイトモバイル
  • BIGLOBE
  • nuro
  • mineo
  • NifMo
  • b-mobile
  • IIJ mio

この11社の中から選びましょう!

でも、、

SIMフリースマホであればどこでもOKです!
上の11社以外でもどこでも良いと思います。
今回はご家族乗り換えということで、こちらは無視していきますね。

格安SIMに家族で切り替えて具体的にいくら変わったか!

家計をやりくりする主婦としてはここが一番気になりますよね。

我が家は、携帯電話を3台使用していました。

ふーなみ
ふーなみ
私の月々の携帯料金は、長女の分と合わせて毎月¥15,000ほど。
会話をする夫
月々の携帯料金は約¥9,000。携帯会社はずっと別だったのをそのままにしていたね。
夫婦でも学生の頃から使っている会社を引き継いで使っている家庭も多いのではないでしょうか?我が家も、それに該当していて支払いはずっと別々です。
しかし、

年間の我が家から出ていく携帯料金は¥288,000と結構な金額であることが分かります。

私は、仕事でも私用の携帯をそれなりに使っていたので安くはなかったです。

格安SIMに変えた金額を比べます。

 

ふーなみ
ふーなみ
我が家は近くに店舗もあるUQMobileへ、月額は一人1,480円!
月々の携帯料金が家族3人で¥4,440円となりました!
年間にすると、なんと¥234720円も浮くことに、、、
10年で¥2,347,200
20年¥4,694,400
…30年¥7,0416,000
その差額40年で¥9,388,800円!
(わーーーーーーーーーーーーm(_ _)m!!!心の声)
ふーなみ肖像画
ふーなみ
く、、くらくらする(ショックがデカすぎました)
格安SIMに変える前は、本当に毎月の携帯料金が1480円になるとは正直信じていませんでした。あんなに広告に書いてあるのに毎月高い金額を支払ってきたせいか、どうしても疑ってしまうんですよね。

格安SIM2ギガは少ない?

ちなみに、データは2GBと1番低いプラン。
契約時かなり悩んだのですが、いざ使ってみると余裕があるくらいでした。
現在のデータ残量
ご覧の通り、これは私のデータ容量ですがこんなに繰り越されています。
14.89GBってどれだけ家にいるんだって話ですが、、,
データプランは外出具合で決めると良いと思います。
我が家は二人とも通勤時間が短いため外で携帯をいじる時間が少ないので一番低いギガでもこんなに余ります。
UQ Mobileに限りますが、余ったデータは翌月にどんどん繰り越されるのでチャージすればもう1GBもらえるところを放置していてこの状態です。
所帯持ちの家にはWi-Fiがある家庭も多いと思うので専業主婦やパート、中学生くらいまでのお子さんは毎月2GBも使い切らずに終わることがあるかもしれません。

初めての格安SIMは店舗対応がある会社がオススメ!

とはいえ、万が一のトラブル時がやっぱり不安だからまだまだキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の需要があるのかと思います。
また契約時に全て自分で行わなければいけない手間も一緒にその場で進めてくれるので、キャリアの解約手続きからMNPやその他設定の不安がありません。
使える形にして店舗を後にできます。
不安が少しでもある方は店舗のある格安スマホを選びましょう!
今回は色々説明するより圧倒的に一押しの2つをご紹介していきます。

UQmobile(UQモバイル)

\オンラインから申し込みをすると最大6,000円キャッシュバック中/



大手キャリアがauのサブブランドということもあって、サービスの質が全般的に高いです。ワイモバイルと並んで圧倒的な人気を誇っています。
UQモバイル
スマホの中では通信速度もワイモバイルには敵わないものの文句なしです。
料金プランも、電話かけ放題とデータ通信量が含まれていて分かりやすく親切。また毎月のデータ消費量にムラがある人は、翌月データ繰越ができるUQmobileが合っていると思います。
なお、現在乗り換えキャンペーンでこのオンラインから申し込みをすると最大6000円キャッシュバック中です。
auのキャリアを使用している人はスムーズに移行できるので、家から足を伸ばせる距離にあるならオススメです。

Y!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクが運営するサブブランド。芦田愛菜ちゃん大きくなりましたね。

ワイモバイルの1番の利点は通話料の充実でしょう。ワイモバイルには10分の無料通話が料金プランに含まれています。24時間かけ放題のオプションはワイモバイルの方がUQモバイルより700円安いです。(2020年1月29日現在)

ワイモバイルは格安SIM通信速度調査では常にトップを記録していて、全国各地に実店舗もあるため今までのキャリアと同じような感覚で使用できます。

また2台目以降の月額料金が最大500円割引になる家族割も適用されるため、キャリアに劣る事がほぼありません。

こだわりがあってキャリアを続けている方には最もオススメの会社です。

ただ翌月繰越がUQのようにできないのでその点はご注意を。

料金が高いのもワイモバイルです

というのも7ヶ月以降ワイモバイルは新規割がなくなりプラン料金が700円高くなります。(UQにはこれがありません!)

この700円は月々にすると結構効いてくるので、よくよく2社を比べた上で検討すると良いと思います。

Y!mobileにしたい人はヤングモバイルからがお得です

\オンラインから申し込みをすると最大20,000円キャッシュバック中/



ヤングモバイル

ちなみに、ワイモバイルにしようかなと思ってる人はヤングモバイルから契約しないととっても後悔することになります。ヤングモバイルは2019年に登場したワイモバイルの正規代理店です。

どういう事?という感じだと思いますが、

ワイモバイルの契約を直接ワイモバイルでするか、ヤングモバイル経由で行うかの違いだけで、最終的な契約プランは何も変わりません。

  • ヤングモバイルという代理店をまたぐだけで平均的に15,000ほどのキャッシュバック特典がついてきます。(現在期間中で2万円キャッシュバック中です
  • 家族で、請求元を一本化しなければ端末ごとにその恩恵を受けられます。

なんでも大手が甘い蜜を吸っている世の中ですので、代理店のような会社は成果をあげることに必死なので手厚いのです。

契約する時、店舗で手取り足取りのような対応は受けられませんがシムが届いてどうしても分からないようであればヤングモバイルの電話サポートにも頼れますし、本当はあまり良くないのかもしれませんがそのSIMごとワイモバイルに持っていけば丁寧に教えてくれる事でしょう。

格安SIMにまだ切り替えていない家庭は大事な財産の流失を抑えるためにも早めに手続きしてみましょう!

ずーっと月額1,980~円(税別)使えるスマホ【UQモバイル】

\オンラインから申し込みをすると最大6,000円キャッシュバック中/




Y!mobileに乗り換えるなら「ヤングモバイル」!



ここだけの現金還元!Y!mobile正規代理店「ヤングモバイル」!

スマホ 格安SIM
最新情報をチェックしよう!